個人のお客さま運用する(個人向け国債)

個人向け国債

個人向け国債とは?

  • 国債とは、国がお金を調達するために発行する債券のことです。
    政府が個人の方でも購入できるようにしたのが「個人向け国債」です。当金庫をはじめとする信用金庫や銀行、証券会社などの金融機関で購入することができます。投資の見返りに得られる利子の支払いは半年毎。満期を迎えると最初に投資したお金(元本)が目減りすることなく戻ってくるので安心です。

個人向け国債の特徴

①1万円から購入ができる手軽さが魅力です。
個人向け国債は額面金額1万円から1万円単位で購入ができ、個人の方ならどなたでもご購入いただけます。

②最低金利を保証。中途換金も可能です。
安心してご購入いただけるように、経済環境等により実勢金利が下がった場合でも0.05%(年率)の最低金利保証があり、金利の上限はありません。一定期間を経過すると中途換金もできます。

③満期と金利タイプの違いで3つの商品があります。
10年満期で半年毎に利率が変わる変動金利タイプ「変動10年」、利率が満期まで変わらない固定金利タイプ「固定5年」「固定3年」の3タイプがあります。

商品概要

商品名
購入対象者 個人に限定
特 徴 実勢金利に応じて半年毎に適用利率が変わるため、受取利子が増えることもある。 満期まで利率が変わらないので、発行した時点で投資結果を知ることができる。 満期まで利率が変わらないので、発行した時点で投資結果を知ることができる。
満 期 10年 5年 3年
金利タイプ 変動金利 固定金利 固定金利
金利設定方法 基準金利×0.66
基準金利は、利子計算期間開始時の前月に行なわれた10年固定利付国債の入札における平均落札利回り
基準金利-0.05%
基準金利は、募集期間開始日の2営業日前(10年固定利付国債入札日)において、市場実勢利回りを基に計算した期間5年の固定利付国債の想定利回り
基準金利-0.03%
基準金利は、募集期間開始日の2営業日前(原則として月初第1営業日)において、市場実勢利回りを基に計算した期間3年の固定利付国債の想定利回り
金利の下限 0.05%(年率)
利子の受け取り 半年毎に年2回
購入単価(販売価格) 最低1万円から1万円単位(額面金額100円につき100円)
発行月 毎月(年12回)
償還金額 額面金額100円につき100円(中途換金時も同じ)
中途換金 発行後1年経過すれば、いつでも中途換金が可能
個人向け国債について
ご留意いただきたい点
  • 個人向け国債の購入に際しては、購入対価のみのお支払となり、手数料などの諸費用はかかりません。
  • 個人向け国債には、その発行から、1年間の中途換金禁止期間があります。その後は額面金額で中途換金できます。中途換金される場合は売却日を含め4営業日目に資金が入金されます。
    ※中途換金する場合、額面金額に経過利子相当額を加えた金額から直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685の中途換金調整額が差し引かれます。
  • 利払日・償還日の6営業日前から前営業日まで、中途換金できません。
  • 債券の一部を中途換金した場合、その受渡日までの間、残額については換金ができません。
  • 国債の利子は、受取時に20.315%分の税金が差し引かれます。
    ただし障害者などの非課税貯蓄制度(マル優・特別マル優)の適用を受け、非課税とすることができます。この制度については窓口またはお客さま担当にお問い合わせください。
  • 個人向け国債は安全性の高い金融商品でありますが、発行体である日本政府の信用の悪化等により、元本や利子の支払が滞ったり、支払不能が生じるリスクがあります。
  • 個人向け国債のお取引は、クーリング・オフの対象になりません。
  • 個人向け国債は預金ではなく、預金保険制度は適用されません
  • 国債は券面が発行されないペーパーレスです。国債を初めて購入される場合には、購入にあたり金融機関において国債の振替口座を開設していただく必要があります。
  • 中途換金の特例:災害救助法の適用対象となった大規模な自然災害により被害を受けられた場合、又は保有者本人が亡くなられた場合には、上記の期間に関わらず中途換金できます。

発行条件など、詳しい情報は下記よりご確認ください。 個人向け国債窓口トップページ

お問い合わせ

詳しくは、当金庫の本・各支店窓口へお気軽にお問い合わせください。
また、本部(リテール営業部)では、電話・FAXおよびEメールでもお問い合わせいただけます。

TEL: (076)233-1134
FAX:(076)255-2241
E-mail: retail@hakusanshinkin.co.jp